年収1000万円の営業の求人をお探しの方へ

年収1000万円の営業職求人を探す!

国税庁の調査によると、男女の平均年収は400万円程度とされています。1000万円以上の年収を取得しているのは全体の3.8パーセント程度です。その内、1000万円の年収取得者の割合が最も高いのが営業職となっています。例えば、事務職などの場合、年収が上がるのは昇給や手当がついた時に限定されるため、それほど飛躍的に年収が上昇することはありません。同期の事務職とはほとんど同額の年収を取得しているという方も多いでしょう。しかし、営業職の場合、営業実績に応じて歩合給が加算されます。営業職は仕事が忙しく、競争が激しく、離職率が高い完全な実力主義の世界ですが、実力さえあれば安定して高額収入を得ることができるのです。統計によると、1000万円の年収取得者の4割弱が営業職という結果が出ています。次いで高い割合に位置しているのが企画職です。

営業実績を上げるというのは、大量の契約を引っ張ってくるということ、大型の契約を取り付つけてくるということです。しかし、それを実現させるためにはただ一生懸命に足を動かせばいいというわけではありません。営業職で1000万円クラスの年収を得るためには営業機会の獲得も重要な要素となります。そのためにはテレビ、インターネット、新聞、雑誌などの各種情報媒体から情報を取得し、業界の動向、市場の状況、世間の流行などに対してアンテナを張っておくことが必要です。また、各種情報媒体に限らず、時にはセミナーや勉強会に参加して専門知識を身に着けることも大切です。

一般的に、中小企業と比べると大手企業の方が給与は高い傾向にあります。大手企業は社員の給与も安定しており、賞与なども整備されており、安定して高い収入を得られるのが特徴です。しかし、大手企業に勤めていて、1000万円以上の年収を取得している方の割合はそれほど高くはありません。経営のトップにいる管理職くらいのものです。大手企業は従業員数が多い分、高額収入を得られる役職ある地位に就くことができるのはほんの一握りとなります。また、大手企業の営業職は中小企業の営業職と比べると社内競争が激しい傾向にあるため、会社によっては足の引っ張り合いなどもあり、営業実績を上げるのが難しい場合もあります。

しかし、中小企業は従業員数が少なく、会社の社員一人一人にかける期待値も大きいため、1000万円の年収にも手が届きやすいです。年収1000円を目指している方は経営が安定しており、将来性のある中小企業を探してみるといいでしょう。

営業職の転職ならこのサイトにお任せ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビエージェント詳細ページへ