中国語が活かせる営業職求人をお探しの方へ

中国語が活かせる営業職求人を探すなら!

日本企業のグローバル化は近年においては当たり前の流れとなっています。その中で、特に各企業から注目を集めているのが中国をはじめとする東南アジア諸国の新興国です。中国やASEAN(東南アジア諸国連合)の台頭を受け、ここ30年間で日本の主要な貿易相手国はアメリカから東アジア地域へと徐々に切り替わっていきました。1988年以降の輸出入はアジアがアメリカを上回り、2002年以降の輸入は中国が単独でアメリカを上回るに至っています。

日本の大手自動車メーカー、トヨタは2011年に新興国営業強化を提案し、国内の営業職員の1割を新興国担当に配置換えを実施しました。国内は少子化などの影響により成長を見込みにくいため、中国やインドなどの市場開拓に注力するというものです。リーマンショックによる先進国の経済回復が遅れる中、中国などの新興国が一足速く回復し、自動車市場や家電製品市場は急速に伸び始めました。現在では、中国は世界最大の自動車市場となっています。

中国の市場開拓のため、現在、多くの日本企業が中国の文化や中国語に通じる人材を求めています。中国のうち、北京では特に広告代理店の求人募集が非常に多いです。北京にはさまざまな業界の日本企業が進出していますが、トヨタやホンダなどの世界的に有名な大手企業はともかく、その他の日本企業は中国での知名度は高くありません。日本企業というだけでも中国では一目置かれるかもしれませんが、世間の認知度を上げるため、中国への進出に当たっては現地での宣伝が必要になります。そのため、広告代理店のニーズが急激に高まっているのです。その他、携帯電話や自動車の部品メーカーの求人募集も多く、特に販路の拡大を達成することができる海外市場の新規開拓経験者が求められています。

中国語を応募条件とする営業職の求人募集では、中国語で直接現地の方との営業ができる人材を求めているものもあれば、営業アシスタントとしてのサポートをメインとしているものもあります。中国語を活かして現地で働きたいという方は営業職を、中国語を活かして国内で働きたいという方は営業アシスタントの求人募集に応募するといいでしょう。なお、日本人と中国人の間には価値観の大きな隔たりがあるので、現地で営業職として活躍するためには中国語を話せるというだけでは不十分です。中国の文化、風習、流行についても勉強していく姿勢が必要になります。

その他、中国語を活かした仕事には、現地から送られた中国語のメールを通訳、翻訳したり、電話の遣り取りや中国語の書類作成などを担当するという事務系の仕事もあります。

営業職の転職ならこのサイトにお任せ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビエージェント詳細ページへ