営業職に求められる人材

営業職に求められる人材

営業職は会社の利益に直結する職種であり、かつ、高度な能力が必要です。そのため、人事の担当者は営業職の採用の際、応募者に営業職としての適性があるかどうかという点を厳しく見ています。営業職の求人募集の際には注目されるポイントを押さえ、効果的にアピールすることが重要です。本項では営業職に求められる人材について解説していきます。

営業職の仕事は人との関わりを通じて行われるため、コミュニケーションスキルが必要となります。コミュニケーションの方法というのは千差万別であり、話し上手というタイプの営業職の方もいれば、聞き上手というタイプの営業職の方もいるでしょう。しかし、営業職の方に共通しているのは、人と積極的に関わろうとする姿勢を持っているという点です。営業職はただ機械的に仕事の話だけをしていれば務まるというものではありません。ちょっとした雑談などから取引先との関係が進展することも多々あります。そのため、営業職には人と積極的に関わろうとする姿勢が重要なのです。

好奇心旺盛な方も営業職には向いているといえるでしょう。営業職として仕事をしていると、毎日さまざまな人と出会います。人の共感を得るためには共通の価値観を持っていなければなりません。例えば、取引先の相手が野球好きであれば野球の話に応じる必要がありますし、取引先の相手が読書好きであれば読書の話に応じる必要があります。また、雑談で趣味の話などが出てきたら、次回会うまでに知識を蓄えておくことも重要です。こうした細かい積み重ねを通じて初めて、相手からの共感を得ることができます。そのため、営業職の方は社会、経済、金融、スポーツなど、あらゆる分野へアンテナを伸ばし、積極的に知識を吸収しようという姿勢を日頃から持っておくことが求められます。

その他、営業職に絶対に必要となる要素が礼儀正しさです。いくら話が面白くても礼儀知らずの人間とは仕事をしたいとは思われないでしょう。例えば、日本企業の多くはノックの回数をそれほど重要視はしていませんが、一般的なビジネスマナーでは入室時のノックは3回とされており、会社の中にはそういった細かい点を気にするところもあります。自社で許されることが他社で許されるとは限らないため、営業職はビジネスマナーを一通り勉強しておくことが必要です。しかし、大らかな社風の会社でビジネスマナーを厳格に守ろうとしてもそれはそれで印象が悪いので、ある程度は空気を読む能力も求められます。

営業職の転職ならこのサイトにお任せ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビエージェント詳細ページへ